• TOP
  • bb
  • 投稿した全てのレビュー一覧

投稿したレビュー

iOS

Runmeter GPSランニング、ジョギング、サイクリング

4
5年前

便利ですね。
 数年ランニングから離れていて、ダイエットのために最近再開。ランニング用のGPS腕時計を購入しようと思案していたところ、この無料アプリを知り利用してみました。他のスマホアプリは試したことがなく、8年前位のGAMIN(ForeAthlete 201)との比較になりますので、あまり参考にならないかもしれません。
 このアプリはレビューを見て、画面が綺麗なのとグラフがあるので選択しました。無料なので最低限の距離・タイム・ペース・カロリーがあるだけで満足ですが、それでなく、地図上の走行軌跡や1キロごとに自動的にラップを記録してくれたり履歴を呼び出すのもスマホならではの見やすさと軽快さがあります。ペース・高度のグラフがありますが、拡大して表示できないため大まかに見て参考にする程度です。
 アプリの話ではありませんが、GPSの捕捉精度も昔の機種(201)と比べたら隔世の感があります。Wi-Fi onの場合はほぼ狂いがないです。また、他のアプリのレビューで音楽を聴きながら使用できるとありましたが、こちらも問題なく使えます。それだけなく、地図アプリを同時に起動してルートナビをしながら知らない土地をジョギングできるのがスマホ利用のメリットだと思います。Wi-Fi on、音楽、地図アプリ併用でルートナビを使用、購入1か月のiphone5sで2時間30分ほど使用してバッテリー残量は52⇒12%でした。フルマラソンなどで5時間ぐらいまでなら何とか対応できそうです。
 これ以上の“ちょっと気の利いた機能”は大体有料のエリート版で、となります。イヤホンのリモコンでの操作、停止時間を記録から外す、カレンダーとの同期、GAMIN等とのデータのインポート/エクスポート等は使いたいところで、ラップのアナウンス、気温の記録ぐらいは無料にしてもらいたいところです。
 腕時計型と比較してのデメリットとして、スマホの重さは仕方ないところでしょうか(2.5~3倍くらい)。長時間の走行なら疲れに影響しそうです。また、タイムリーに画面を確認できないことです。スタンバイ状態からキーを押してパスワードを入力して…といった手順を走りながらするのは不便です。iphone5sは指紋認証で解除できるのでその点は非常に助かります。腕にバンドで固定するなら(無料版では)ほぼ操作は無理。なるべく暴れないようにポケットに入れておくことになります。その他、ラップを確認するにも文字が非常に小さく、走りながら確認するのは難しいです。走行後にゆっくり見るためのもの、もしくは有料版の音声案内に頼ることになります。
 本格的に走りこみたい方、レース本番では腕時計型がよさそうですが、funランならこのアプリで十分だと思います。有料版もぜひ試してみたいと思います。ただ上記のスマホの特性からして機能の半分も使いこなせそうにありませんが。そのぐらい有料版は多機能のようです。腕時計型スマホが本格的に普及する時代になったらGAMINとか専用モデルは駆逐されてしまうのかも。