投稿したレビュー

iOS
iOS

爆裂戦車団

2
1月20日

4on4のタワーディフェンスライクなタンクコンバットゲーム。
年功序列的に[Play時間or課金]で強化、強いタンクを得た者が勝利する仕組みわ他の凡作と同様。
上位タンクが必ずしも[扱い易い=強い]と言うワケでも無く、逆に扱いずらい物も有るので注意。
マッチングや武器の使用感、試合のテンポ等、何(ド)れにも『今一つ感』が付き纏い、緊張感が無く駄々裸にPlayしてる印象。
類似品の多い中で、取分け本作に光る物も無かった。

iOS

トラップトライブ

2
1月12日

面白そうなのでInstallしてわみた物の、利用者が少無いみたいで、マッチングが成立する事が皆無で、試合が始まった事が無い。
故に、どんな作品なのかも判ら無いので評価のし様も無いとしか、現状でわ書け無い。

ー追記ー
日曜の昼に漸くマッチングが成立し、Playしてみたが、武装強化や変更の要素は無く、ポイントを貯め解放されるキャラの個性(5タイプ)でのみ差異化が図られる。
故に『実力で勝利』と言うより、獲得ポイントの半分がばら撒かれる『敵の死に目に有り付けた』と言う偶然の勝ちが大半で『戦略性』と謳って居る物の、実情わ短絡的ガチャPlayになりがち。

iOS

BATTLE JAM

2
1月12日

ミッションモードのクリア報酬で装備強化やレベルUpを図り、対戦モードで其れを活かすと言う仕組みの一人称視点のアクションゲーム。
移動と攻撃、防御までが1つのボタンで操作する仕様にしてしまって居るので『回り込みながら攻撃』等わ出来ず、一旦停止の後に攻撃と成るので常に『もっさり感』。
素人向けに操作系を簡素化し過ぎた事が、対人戦での戦略性、緊張感までを失くし、肝心な面白さまでをシェイプアップしてしまった。
其の所為(せい)かユーザーも少無く、対戦のマッチングわほぼNPC。
キャラわ可愛く、BGMも作風と合って居り良いので、操作系(少なくとも2ボタン式)の改善で利用者も増えるだろう。

iOS

マイホーム デザインドリーム

2
12月14日

広告動画でわ自由に自宅を作れる様な演出をして居るが、実際にはノルマクリア毎に大きな住まいに転居して行くステージクリア型のパズルゲーム。
パズルで改装費用を稼ぎ、改装する部分をタップし3択から選ぶ、其のステージで変更(改装)可能な部分を全て着手すると次が解放される仕組み。
なので、自由にエディット出来る物と期待して初めると、ただの『作業ゲー』だと言う事にガッカリする。

iOS

Google ドライブ - 安全なオンライン ストレージ

4
11月3日

Googleが運営するクラウドストレージサービスの1つ。
他社製でわ無料で使える容量が、2GB、5GB程度が大半なところ、此方(こちら)わ15GBと太っ腹。
其の御陰で、データの共有をする『置き場』として利用させて戴いて居り、とても重宝して居ます。
PC、スマホ何方(どちら)でも知名度が高いので、共有し様とする相手にも判り易く、扱いに難儀し無いのも良いことろ。

iOS

うろ覚えお絵かき

1
11月2日

うろ覚え描きで御題に近いものが描けるか、其の出来、不出来を観ると言うもの。
絵心の有る人でも、出されるテーマを駄々裸に描いて行くだけなので、ゲーム性わ無く、緊張感も『誰(何)に向けて描いて居るのか』と言う意義も感じられず、10個描いた時点で『もう沢山』と思い止めた。
画力も無い人にわ、評価も無星なのでわ無いか?と思う程。
画材に『塗り潰し(ハケ)』が無いのも『面倒臭さ』を感じさせる要因に成って居る。

iOS

ROBLOX

2
10月29日

『セカンドライフ』的なオープンワールドアプリ。
基本的に行動も発言も自由なので、発想だけで楽しめそうと思うと、そうでは無く『課金』を要する事の方が多く[自由度の高さ=幾ら支払ったか]が現実。
アバターエディットで腕が消えたり、選び直そうとしたパーツが選択項目から消えたり、アバターが壁にめり込んだり、バグや未調整な部分も多く、未完成の体験版をPlayして居る様で、作品の印象を決める肝心な導入部から躓(つまず)いて居る。
ユーザーの公開して居るゲーム群も『ゲーム性』や『Playする意義』を感じられ無い物が大半で『多少の不具合は我慢して継続してみよう』と思える程の魅力も無かった。

iOS

Akinator

2
10月25日

データバンクに有る物から、質問を通して消去法で絞り込み、思い浮かべた人やキャラクター等を言い当てると言うAIアプリ。
『数撃ちゃ当たる』の言葉通り、コレだけ沢山の質問をすれば誰でも正解すると言う程度で『勘の良い人ならもっと手前で言い当て居る』と思った。
『20Q』や『ひらめきゲットモンスターボール』の玩具の方が余程賢いと思った。

iOS

効果音アプリ

3
10月20日

様々なジャンルの効果音が1タップで鳴らせられるアプリ。
1回のみ、リピート再生と設定も可能で、動画、映像作品制作等にも重宝しそう。
ただ、リアルで無い物や違和感を持つ物も幾つか有るで、使えるか否かわ実際に鳴らして聴いてみて御判断を。

iOS

タイプライター三世

4
10月20日

アニメ『ルパン三世』サブタイトルコール風の動画が作れるアプリ。
他愛の無い事でも、本アプリで伝えれば面白く成りそう。
動画の長さわ最大30文字使用しても、10数秒程度と短いので使用容量も気にせず作れる気軽さ、手軽さも良いところ。
サブタイトル全てを空で言えるルパンマニアにわ勿論『一言ネタ』を得意とする人にもオススメ。
ゴシック体のみながら、SE(サウンドエフェクト)が多数用意されて居る同社製『プロフェッショにナル名言メーカー』も併せて利用したい。

iOS

カミアプ-最新ニュースやWebの話題をまとめてチェック!

2
10月11日

実用性の高い利用法指南や裏ワザ、小技等を案内してくれて居るアプリ。
だが、雑記サイトや某動画サイトの『まとめ』の方が情報も整理されて居て解り易いので、本アプリを使う以前に其方(そちら)を観てしまうのでコレわ不要。
『知ら無かった』と言うより『既に知って居た』と言う情報が大半で、新しい発見や驚きも取り分け無かった。

iOS

Sevn

3
9月30日

ターン制の陣取りボードゲームで、要するに砂場遊戯の『棒倒し』。
7色有るブロックの1番外側の干渉して居無い部分が隆起して行く仕組みで、自身の手番で同じ色の隆起した『タワー』だけを消せ(取れ)ると言うもの。
次に隆起するタワーが何色で何個なのかを読み、相手に少無く取らせたり、多く隆起する一手を取らせる様に仕向ける等の思考型パズル。
無料でわNet対戦が出来無い様なので、対戦わ2台のスマホでワイヤレスか、1つの筐体で交互に打ち合うしか無いみたい。
とても奥の深いゲームなだけに惜しいところ。

iOS

さくっと一撃バトル

2
9月30日

先に1Hit与えた者が勝者と成る真剣勝負をゲーム化した様な作品。
キャラや武器により多少スピードの向上を図れる物の、全体の動きはモッサリとスローで『静と動を極める』等と言う緩急は付けられず、静のみ。
『1撃で雌雄を決する』と言うリアルを試みた物なのに、動きにわ『時に俊敏に』と言う選択が無いので、駆け引きの緊張感も皆無で、有効射程距離に相手が入ったらタイミング良くボタンを押すだけの作業と化す。
其の所為(せい)でアクティブユーザーもほぼほぼ居らず、マッチングされる事も極希で、何時(いつ)まで待っても試合が始まら無いのが常。

iOS

ウーぷすタクル (Oopstacles)

2
9月30日

『風雲たけし城』や『SASUKE』の障害物競争をゲーム化した様な作品。
操作を[タッチ=前進]、[放す=停止]のみで後退が出来無いので、ボタンの押し損じで1発OUT。
ステージの仕掛け自体にもバリエーションに富まず、無限ループして居るのかと思う程。
1on1の対戦も可能だが、基本的なゲーム性がコノ程度なので、熱くも成ら無い。
クリア報酬でスキン変更も出来るが、能力に変化も無く絵柄が変えられるだけで、この作品が気に入った人以外には意味の無い要素。

iOS

クロッシーロード

1
9月28日

コナミ社の名作『フロッガー』をクォータービュウにしただけの亜流品。
権利関係にシビアなコナミ社が何故に訴えを起こさ無いのか素朴な疑問。
既に法対策、著作権対策をして居て、其の辺りの事もクリアされて居るのカモ?
何方(どちら)にしても、オリジナル(フロッガー)で充分、今更コレを新鮮とも思う人も居無いだろう。

iOS

クラッシュクラフター (CrashCrafter)

2
9月28日

『デモリッションダービー』をディフォルメ、ゲーム化した物。
ボタン配置が右利き用に固定され、変更も出来無いので、左利きの人にわ不利な作り。
[ターボ=突進]ボタンの位置も押しづらい位置に有り、日本人に馴染みの無い、海外レトロタンクゲームの様な操作系。
思い通りに動かせても、複数人でごちゃごちゃと車体をぶつけ合うだけで、戦略性と言える程の面白味わ無いので、1度見たらもう沢山。
転倒させられ、復帰するまで保護される時間も設けられて居無いので、1度コケるとフルボッコにされる御粗末な作りにわ閉口。

iOS

マリオカート ツアー

2
9月27日

往年の名作『マリオカート』のスマホ用アレンジ版。
Play時間or課金で年功序列的に操作性を上げて行く事も『スマホレースゲーあるある』と了解して居たが、本作の初期設定の操作性わ、そう言う仕組みと解った上でも酷過ぎ。
試合(レース)も自体も登録者のユーザーネームを表示させたAI(無人)機の様で、ライト層や素人に『勝ちの充足感』を味わせ、継続を促して居る様だが、駄々裸に走らせて居ても1位に成れてしまうので、緊張感も無い。
キャラクターをマリオにして居るだけで、内容わ海外無名会社の洋ゲー等と同程度。
『任天堂』社が2019年に満を持してレーシングゲームを』と言う事で期待をして居たが、とんだ凡作に終わってしまい残念。

iOS

タイニーアドベンチャー

4
9月24日

『ピットフォールGB』を彷彿とさせる、王道横スクロールアクション。
ほのぼのとしたキャラクターや雰囲気、操作性も良く、飽きずにPlay出来る。
謎解きや仕掛けも万人向けに解り易い作りにして有り、アクションゲームとしての難易度も低めなので、1時間程度でクリアも可。
アクションゲーム好きに向けた、難易度を上げたバージョンも選べると良かった。

iOS

ゴルフモデラ

2
9月22日

ゴルフゲームとしてわ及第点で『月並み』。
ただ、グリーンの芝目の表現が独特で、グリッド(網目)に流れる光の速さで強弱を把握すると言う物。
故に実際に打ってみるまで、早いのか、止まるのか、曲がり具合も『思った通り』と成る事も難しく、無用なところでPlayしづらいものにしてしまって居る。
コースエディット機能と、キャラクターが鳥山明風なところわ評価出来る。