投稿したレビュー

iOS

FastEver - 素早く簡単にEvernoteにメモ

5
4年前

最速スピードメモアプリ
最速スピードメモアプリ

すぐにメモを取りたい時があるだろう。
そのときにはこのFastEver。


起動スピードが早い。
Evernoteの同期が早い。

そして使い勝手のシンプルでわかりやすい。



何より、特筆すべき点は、
保存せずとも、次に起動したときに途中まで書いていた内容が削除されずにそのままおいてあるのだ。

日常的に使えるEvernote系列のアプリ。おすすめ。

iOS

CamScanner|文書スキャン & ファックス

4
4年前

即席スキャナー
断言する。
もう安価なスキャナーなんていらない。


このアプリは、“簡単な”画像や文書であれば、スキャニングができるアプリである。

文字通り、簡単なモノ限定である。
たとえば、文書だけのもの、複雑な写真などはスキャニングに向いていない。

それはカメラという機能を用いているためにしかたのない点。


しかし、
それを置いてもこのアプリは素晴らしい。

たとえば、レシート・領収書・手書きメモ・文書だけの印刷物…これらはこのアプリに適している。


そして、自動的にPDF化してくれるのだ。


あとの機能は正直LINEやSkype等で代用できるので、特筆しない。

iOS

Xochi

4
4年前

愛されるアイコンとマイリスト機能
一見、無機質かつシンプルすぎる故に、ちゃんとしたアプリなのかどうかが判別しにくいアイコン。

しかし、実態は違う。


このアプリは、オンライン上で聴けるYouTubeにおける『音楽プレイヤー』である。

Xochiのココがすごい!
①UIがポップ
②他人が作ったプレイリストを使用できる(使用人数が明確にわかる=人気度がわかる)
③音楽目的だが、もちろん映像も画面の最大化が可能
④リピート・シャッフル昨日の他にスリープ機能がある
⑤タッチやフリックの体感で操作が軽快


デメリットでいえば、オンラインじゃないと聴けない点。
もちろんwi-fiのほうが使い勝手はいいだろう。

この手のアプリは他にもあるのだが、

あえてXochiを選択する理由は使い勝手と、マイリストの共有ができる点と特筆しておく。

iOS

まりも

4
4年前

私のまりもの名はカツ丼である
まず初めに。『気の短いやつは“まりも様”を育てるな』この名言を置いておく。

まりもとは有限の時間を忘れさせ、忙(せわ)しい日本社会の、とりわけストレスフルな社会を円滑に且つゆとりを持たせてくれる、素晴らしいいきものである。

数秒の、時間の片隅にそっとまりもの水を取り替えて、自分の濁った水をも取り替えた気分へと錯覚させてくれる、ヴァーチャルの賜物である。

要点は
①まりもを飼育可能(命名可)
②水を変えると少しスッキリ
③背景をお好みに変えられる=気分を左右
④ゆっくり大きくなるまりもから癒やしを供給
(つついたりして、まりもとの愛情を育める)

以上4点である。あなたのスマートフォンに、まりも(読み:癒やし)あれ。

iOS

Feedly - Smart News Reader

5
4年前

最強RSSリーダー
以前、GoogleReaderが跋扈していた時代があったが、突然サービス終了を告知された際、GoogleReader愛用者のほとんどが移動したとされる最強のRSSリーダー。

その使い勝手はiOS版だけでなく、PCブラウザ版も利便性が高い。

好きなブログやサイトのRSS情報を雑誌感覚でペラペラと見られる軽快なフラットデザインのインターフェースは触っているだけで、その情報に新鮮味を増し、味付けが実に巧妙だ。同じ記事でも、このFeedlyを媒介にするだけで、知識欲が増すのは、見せ方が十分研究されているからに他ならない。

他社サービスとの連携も、実に魅力的で、twitterを筆頭にPocket等との移動や連携も実にスムーズ。あとは登録するブログやサイト次第で何時間も楽しめてしまう。そんな『釘付け』にするフェロモンがムンムンのアプリ。

同じようなアプリもあるが、影響力抜群だったGoogleReaderの後継アプリとしてはこれが唯一と推したい。満足の☆5。

iOS

netprint

5
4年前

データで人とのつながりを意識させるアプリ
スマートフォンを持つのが当たり前になった時代。データの管理のクオリティが上下し、それを一定数にとどめることのできるアプリといえる。

自宅にプリンターを持っていない方をはじめ、家庭用プリンターでは満足いかず、かといって印刷屋にまで持っていって入稿するのも煩わしい紙媒体のちょっとした広告などにうってつけだろう。

使い方は多種多様だが、入稿したデータをデバイスで確認できるところがスマートフォンの特性を活かしたアプリといえる。

また、自分の手を煩わせる必要がない機能が特筆すべき点だ。

それは、暗証番号を予め決めておけば近くのセブンイレブンにさえ行けばその暗証番号を知っているだけで簡単に印刷物を共有できるのだ。

このアプリをまとめると、
①家庭用プリンターより高画質印刷が可能
②入稿したデータ・文章を手元のデバイスで確認できる
③遠方の相手に暗証番号だけで印刷物が共有できる

利便性が高すぎる点では☆5以上の価値があるのだが、このサイトでは5しか付けられないのが非常に残念だ。

iOS

TheWorld for Twitter

5
4年前

デザイン性と機能性の高い『世界』
このアプリが出てきた当初から愛用しているTwitterクライアントアプリ。当初は、公式アプリのデザイン性に飽きを感じたためにインストール。
『TheWorld』の魅力、それは”操作”である。触っているだけでただ面白く、楽しく、爽快なのだ。よく、近未来のアニメや映画などで、細々とした昨日を大胆に操作するシーンがあったりするが、それがTwitterで可能とさせたアプリなのだ。
魅力は、元来高いデザイン性を誇る部分を、ユーザーがリ・デザインできるところだ。背景画像から、色彩、どこをタップしたらふぁぼができ、RTができ、ツイートができる。そういう細かな癖を自分で活用出来る部分が大きな魅力である。

今後、このアプリに求める点は「通知音」「通知の正確性」「消費メモリの軽減」「添付動画(vine・gif画像等)の再生」の4つ。このアプリが使い勝手を向上し、デザイン面でもなお強化できるものならば、有料であってもすぐに課金する、それほどの価値のあるアプリなのだ。

iOS

みどりのほし

4
4年前

デジタルで表された、癒やしのアナログ感。
一見、非凡なまったりシューティングゲームに見えるものの、1回クリアすると理解する『やりこみ要素』。これが実に楽しい。パワーアップはすぐに有限の最大値に達してしまい、「なんだこんなものか」とフェイントをかける。だが、1つの星をクリアするとゲットできる”花”から、実に多くの種類の鉱物などを集める、いわゆる「図鑑型育成ゲーム」に変貌するのだ。この『みどりのほし』は、一回で二度・三度楽しむ要素を包括している、シンプルに見えて奥が深いコレクターズアプリである。だが、放置して収集できるわけではなく、パワーアップのためのエネルギーしか充填できない点が実に惜しい。そして、レーザーやミサイル等の武器のパワーアップの最大値がすぐに到達してしまうのは、星を緑化するに連れてインフレが発生してしまうために、付けたくない難点だろう。それを置いても、作品自体の世界観・BGM・動作・キャラクター・鉱物それぞれの魅力は確かなものだ。癒やし効果と、隕石を破壊する爽快感を考慮して、☆4と評価。